Apple社、新プログラミング言語「Swift」のガイドブック第2弾を電子書籍で公開

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は先週、今秋リリース予定の次期iPhone・iPad OS「iOS 8」とMac用OS「Mac OS X Yosemite」のアプリ開発向け新プログラミング言語「Swift」のガイドブック第2弾を電子書籍としてiBookstoreで公開した。

 Swiftは、現在iPhoneアプリ開発で必須となっているObjective-Cのモダン化したもので、開発環境はXCode。今回公開されたのは「Using Swift with Cocoa and Objective-C」で、既存のiOSプログラマがObjective-C言語で作られたプロジェクトとSwift言語を併存させるための方法論が書かれている。【hon.jp】

問合せ先:「Using Swift with Cocoa and Objective-C」の配信リンク( https://itunes.apple.com/jp/book/id888894773?mt=11

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告