Apple社、iPad向け電子書籍・電子教科書オーサリングソフト「iBooks Author」でまもなくiPhoneにも対応か

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国のMacニュースサイト「MacRumors」によると、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)が、同社が近日中にも教育業界向けに無料提供しているMac OS X用の電子書籍・電子教科書制作ソフト「iBooks Author」を大幅アップデートする可能性が高いとのこと。

 iBooks Authorは、同社が昨年1月からMac OS Xユーザー専用に無料公開しているインタラクティブなiPad電子書籍・電子教科書を制作するためのオーサリングソフトで、日本国内でもすでに一部大学が試験導入済み。電子書籍ファイル形式は、基本的にはEPUB3形式ファイルに独自拡張を加え、ファイル拡張子を「.ibook」に変更したものだが、Amazonなど他の電子書籍販売サイト向けに有償作品を制作することはユーザー規約で禁じられている(ただし無料作品ならOK)。

 現Version 2.0では、iPad版iBooksアプリ上でしかインタラクティブ作品が閲覧できないが、MacRumorsサイトによると、iPhone版iBooksでの閲覧に対応した新バージョンが来週発表される可能性が高いとのこと。【hon.jp】

問合せ先:MacRumorsの記事( http://www.macrumors.com/2013/09/05/support-for-interactive-e-books-made-with-ibooks-author-may-be-coming-soon-to-iphone/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告