米HarperCollins、既刊書を書店でプリント・オン・デマンド販売する「Comprehensive Backlist」プログラムを発表

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】出版大手のHarperCollins社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間9月22日、同社の既刊書の紙版とPoD版を販売する書店向け「Comprehensive Backlist」プログラムを開始すると発表した。

 PoD版は、On Demand Books社(本社:米国ニューヨーク州)の書店向けプリント・オン・デマンド機「Espresso Book Machine」を利用して提供する。HarperCollins社の成人向けと児童向けのペーパーバックの既刊書が11月から利用可能になる。販売方式は出版社が価格を決めるエージェンシーモデルで、書店は販売高の30%を受領する。開始当初は同社と On Demand Booksが協力してプログラムの促進支援を行う。

 現在、同社の既刊書の25%-80% は書店の物理的なスペースの制限のため陳列されていないという。著者にとっても、紙書籍版のロイヤリティが増えるので有効と説明している。【hon.jp】

問合せ先:HarperCollins社のニュースリリース( http://www.harpercollins.com/footer/release.aspx?id=958&b=&year=2011

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: