『レームダックの村』神林長平/朝日新聞出版/11月7日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『レームダックの村』表紙
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 SF界の第一人者が世に問う、『オーバーロードの街』に連なる黙示録的大長編小説の続篇。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

レームダックの村

神林長平/朝日新聞出版

内容紹介

レームダックの村 弱者排除主義や社会的怨嗟を動機とした犯罪が多発する、 階級制が顕在化した近未来の日本――。

 世界各地でパワーローダーを着けた人間が無差別テロを実行し大勢の市民が犠牲となる。また世界同時多発でネット環境が破壊され、電子データが蒸発、金融システムも崩壊してしまう。正体不明の敵から経済テロを仕掛けられた人類社会は、その巨躯を動かしていたマネーという神経伝達物質を失い、また血流であるところの物流や人の流れが滞った結果、ゆっくりと死に始めていた――。

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784022516442
本体価格:¥1,800 (JPY)
ジャンル:SF/ファンタジー
刊行日:2019/11/07

関連リンク

朝日新聞出版 公式HP
https://publications.asahi.com/index.shtml

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/175990

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 453 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
1000
タグ: / / /

関連コンテンツ