米Google、FlashコンテンツをHTML5に一発変換するサービス「Google Swiffy」を公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Google社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の6月29日、FlashコンテンツをHTML5形式に変換する「Google Swiffy」サービスを公開した。

 まだアルファ版となっている本サービスは、iOS・Anrdoid搭載スマートフォンなどWebkit系ブラウザを搭載したハードウェアをターゲットとしており、内部的にはSWF形式ファイルの内容をJSON形式に書き出し、それをJavaScriptプログラムを介してHTML/CSS/SVGに変換して再現しているとのこと。

 まだ複雑なゲーム作品等は変換できないため、同社ではFlash 5ベースの作品の変換を推奨している。
【hon.jp】

問合せ先:Google Swiffyのサイト( http://swiffy.googlelabs.com/

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事