幻冬舎、「BLOODY MONDAY」原作者の最新ミステリー小説「クラウド」電子書籍版を正式発売

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区)は4月28日、同社が3月から一部内容を電子書籍として先行無料配信していたミステリー小説「クラウド」(著:樹林伸)を、正式版として販売開始した。

 同作品は人気コミック「BLOODY MONDAY」「金田一少年の事件簿」の原作者としても有名な樹林伸氏(ペンネーム多数)の最新小説で、Twitterを舞台としたノンストップ・ミステリー。同社では先月から同作の約1/3を掲載した“ライト版”を無料先行配信しており、今回予定どおり有償版が発売されることになった。

 配信が実施されるのはiTunes App Storeのほか、株式会社トゥ・ディファクト運営の「honto」、ソニー運営「Reader Store」など。価格は900円(すでに発売されている紙書籍版は1,300円税別)となっている。【hon.jp】n

問合せ先:「クラウド」iPhone/iPadアプリ版( http://itunes.apple.com/jp/app/id432267539?mt=8 ※要:iTunes)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /