『物語として読む 全訳論語 決定版』山田史生/トランスビュー/4月1日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 好評を博した『全訳論語』(東京堂出版)の著者が、前著の内容を盛り込みつつ、新たに訳し直しました。人生を考え抜いた孔子と弟子のやり取りを、本書ならば「物語」のように楽しみながら読むことができるはずです。
 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

物語として読む 全訳論語 決定版

山田史生/トランスビュー

内容紹介

物語として読む 全訳論語 決定版 『論語』を、孔子と弟子のやりとりを描いた物語として読む。
 好評の読みやすい全訳を刷新し、新たな訳文・解説を付した決定版。
 これなら、最後まで読み通せる!

 『論語』は孔子の言行を弟子たちが記録・編集したもので、全20篇509章は普通、そのまとまり(篇)や順序には特別に意味のない断片の集まりとされています。そのように読んでいても不都合はありませんが、そうおもわないで読んでみると、つまり、それなりの流れがあるのではないか、とおもって読むと、読みつくされた『論語』の新しい姿が見えてきました。
 『論語』は「儒教の経典」というとっつきにくいものではなく、そこには孔子が弟子に向けて伝えた肉声がピチピチと息づいている最高の「人生指南書」です。

他人と自分
学びと仕事
こころとかたち
政治と世の中
……などなど、人生のモヤモヤをときほぐすヒントが詰まっているのです。

 好評を博した『全訳論語』(東京堂出版)の著者が、前著の内容を盛り込みつつ、新たに訳し直しました。人生を考え抜いた孔子と弟子のやり取りを、本書ならば「物語」のように楽しみながら読むことができるはずです。

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784798701691
税抜価格:¥2,200 (JPY)
ジャンル:ノンフィクション
刊行日:2019/04/01

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/161343

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About HON.jp News Blog編集部 285 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ:

関連記事