『貌のない貌 梓凪子の捜査報告書』松嶋智左/講談社/3月20日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 国交問題、民泊、シェアハウス――暗部を覗き込んだ先に見えてくる真実に、貌はなかった。
 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

貌のない貌 梓凪子の捜査報告書

松嶋智左/講談社

内容紹介

貌のない貌 梓凪子の捜査報告書 ゴッド・オブ・ミステリー島田荘司氏、大推薦!
 元警察官にして日本初の女性白バイ隊員の著者による本格警察小説!
 中国政府の影潜む人探しとシェアハウス殺人を追え、どこまででも。
 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞後第一作
 島田荘司氏唸る!
「凪子の大格闘と涙を見よ。こんな筆の女流は今いない」
—————-
 刑事課強行・盗犯係所属の新人刑事・梓凪子は困惑していた。
 持ち込まれた案件は畑違いの人探し。依頼主は中国人・宋鈴玉、なぜか鈴玉の同行者は中国領事館職員・王天佑だった。
 国際政治と人情入り交じる不可解な人探しを続けるうちに、天佑への疑いを深める凪子は、背景を探るために尾行を試みるが――。
 同時に、発生した連続殺人事件にも関与した凪子は、刑事課と警備課の縄張り争いにも巻き込まれることになる。
 国交問題、民泊、シェアハウス――暗部を覗き込んだ先に見えてくる真実に、貌はなかった。

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

 島田荘司氏に絶賛されてデビューした元警察官の著者による骨太な警察小説が完成しました!
 中国政府の暗部や民泊・シェアハウスの黒い影に、“新人刑事”梓凪子が立ち向かいます。
 ひりつく展開と衝撃のラストで話題を集めたデビュー作『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』で、「このミステリーがすごい!2018」にもランクインした俊英の実力は本物です……!
 どうか一足先に、驚異の新人の現在地を見届けてください!
――担当編集より

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784065150955
税抜価格:¥1,800 (JPY)
ジャンル:文芸小説 , ミステリー/サスペンス
刊行日:2019/03/20

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/159714

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社出版デジタル機構)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 436 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ:

関連コンテンツ