『ねえさんといもうと』シャーロット・ゾロトウ(文)/酒井駒子(絵)/あすなろ書房/4月15日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 世界的絵本作家ゾロトウの、あの名作が、酒井駒子の絵で鮮やかによみがえりました。
 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

ねえさんといもうと

シャーロット・ゾロトウ(文)/酒井駒子(絵)/あすなろ書房

内容紹介

ねえさんといもうと 世界的絵本作家ゾロトウの、あの名作が、酒井駒子の絵で鮮やかによみがえりました。
 小さい妹は、いつも姉さんといっしょです。 学校へいくときも、遊ぶときも、おやつを食べるときも。 ところが、ある日、妹は、なんだか一人になりたいと思いました。
 いちいちいろんなことを姉さんに言われることにあきあきしたのです。
 妹は、そうっとおうちを出て、歩いていきました。 どんどん歩いていって、草原の中に入っていきました。
 妹の姿は、のぎくや葉っぱがかくしました。
 まもなく姉さんの呼ぶ声が聞こえてきました。
 でも、妹は、返事をしません。
 姉さんは、向こうへいってしまいました。
 妹は、草原の中にねころんで考えました。
 いろんなことを言ってくる姉さんの言葉が浮かんできます。
 今はだれもいません。
 足もとの草がくすぐったくても、妹はじっとしていました。
 すると、姉さんの声が戻ってくるのが聞こえました。
 姉さんは、草原の中にすわりこみ、泣きだしました。
 いつもの妹のように。
 それを見ていた妹は……。
 幼い子の変化と成長を温かい目で描いた珠玉の絵本です。

おすすめコメント

〈作者紹介〉
シャーロット・ゾロトウ(文)
 1915年、アメリカ・ヴァージニア州ノーフォークに生まれる。児童文学作家、詩人。主な作品に『うさぎさん てつだってほしいの』(M・センダック/絵 冨山房)、『かぜは どこへいくの』(H・ノッツ/絵 偕成社)、『はるになったら』(G・ウィリアムズ/絵 徳間書店)、『おにいちゃんといもうと』(はたこうしろう/絵)『そらは あおくて』(杉浦さやか/絵 共にあすなろ書房)など多数。2013年没。
酒井駒子(絵/訳)
 1966年、兵庫県に生まれる。絵本作家。『きつねのかみさま』(あまんきみこ/文 ポプラ社)で第9回日本絵本賞、『くまとやまねこ』(湯本香樹実/文 河出書房新社)で第40回講談社出版文化賞を受賞。『森のノート』(筑摩書房)、『よるくま』『はんなちゃんがめをさましたら』(偕成社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など、多くの作品がある。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784751529515
税抜価格:¥1,300 (JPY)
ジャンル:児童書/絵本
刊行日:2019/04/15

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/159321

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社出版デジタル機構)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 436 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ:

関連コンテンツ