『私は虐待していない 揺さぶられっ子症候群』柳原三佳/講談社/3月26日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 赤ちゃんから目を離した隙の転倒や落下を「虐待」だと断罪された親たち。母子手帳にも明記されている「揺さぶられっ子症候群」は、はたして「虐待」の根拠となるのでしょうか。
 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

私は虐待していない 揺さぶられっ子症候群

柳原三佳/講談社

内容紹介

私は虐待していない 揺さぶられっ子症候群 赤ちゃんから目を離した隙の転倒や落下を「虐待」だと断罪された親たち。
 母子手帳にも明記されている「揺さぶられっ子症候群」は、はたして「虐待」の根拠となるのでしょうか。
 最愛の我が子が脳に障害を負うという苦しみのなか、一方的に虐待を疑われ、子どもと引き離されてしまった親たちの過酷な体験をレポートしながら、医師だけでなく、法律家の見解も取り上げ、揺さぶられっ子症候群の現状と問題について考えます。
 この本で紹介するケースは、けっして他人事ではありません。

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

 「虐待」か「事故」か。育児中の親を襲う罠。
 ここ数年、「赤ちゃんを強く揺さぶって頭部に障害を負わせた」として、保護者が逮捕されるというニュースが相次いでいます。『生まれて間もない赤ちゃんに手をあげるなんて!』と怒りを覚えている人も多いのではないのでしょうか。
 著者も、そんな思いを強くする一人でした。
 しかし、「虐待を疑われた親たち」の話を丁寧に聞き、小児科医、脳神経外科医、法律家たちを取材していくと、揺さぶられっ子症候群は、専門家の間であまりにも見方が異なっているという事実につきあたったのです。
 NetGalleyでは、抜粋した3つのケースをご覧いただけます。

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784065131152
税抜価格:¥1,200 (JPY)
ジャンル:ノンフィクション , 家族/子育て
刊行日:2019/03/26

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/158998

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社出版デジタル機構)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 480 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ:

関連コンテンツ