「電子絵本を読めば、それを1冊貧しい地域の子供たちに寄付します」Pearson財団のWe Give Booksサイト

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】英Pearsonグループ系の財団法人Pearson Foundationは現地時間の20日、同グループの出版社Penguin Group社と共同で、慈善活動を目的とした無料の電子絵本サイト「We Give Books」をオープンした。

 このWe Give Booksサイトは1)幼少期から読書習慣の定着、2)世界の貧困地域の教育環境改善、という異なる2つのミッションを同時に解決することを目的に立ち上げられたボランティアプロジェクト。一般ユーザーが同サイトに用意された無料の電子絵本を完読すると、あらかじめ指定した寄付キャンペーンに1冊、その書籍が寄贈されるというもの。すでにいくつかの寄付キャンペーンが登録されており、ユーザーは無料絵本をIssuu社(本社:デンマーク・コペンハーゲン市)のFlash形式電子書籍ビューワーで閲覧する。

 本プロジェクトは、マーケティングリサーチなどといった商用目的ではなく、あくまでも英Pearsonグループのフィランソロピー事業の一環として企画・運営されているとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:We Give Booksサイト( http://www.wegivebooks.org/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ