Googleインド法人、自社の電子書籍ストアで10〜15ページ程度の短編小説販売コーナーを設置

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、Google社(本社:米国カリフォルニア州)のインド現地法人が、自社の電子書籍ストアで10〜15ページ程度の短編小説販売コーナーを設置したとのこと。

 この短編小説コーナーは、現地の有名作家たちによって執筆されたものによって構成されており、1作品あたりの価格は5〜15インドルピー(約8円〜24円)。インド国内の出版物の多くは国内に20言語以上あるといわれるローカル言語で書かれるケースがほとんどだが、本コーナーではまず英語版+ヒンディ語版の2言語のみで提供開始されている模様。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2017/02/02/google-now-selling-snack-sized-ebooks-india/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: