米国著作権局、電子教科書上におけるHD画質ビデオ収録について業界ヒアリング開始

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の作家団体Authors Alliance(本部:米国カリフォルニア州)が、米国著作権局で開始された、電子教科書上におけるHD画質ビデオ収録についての業界ヒアリングについて報告している。

 米国のデジタルミレニアム著作権法(通称DMCA)では、DVD/BlueRayなどのDRMを迂回して映像リッピングすることは禁じられているが、著作権法のフェアユース条項との兼ね合いもあり、3年前から映画制作教室など特定の電子教科書での利用は“適用除外”対象として許している。

 米国著作権局では、DMCAの定期改訂を前に、当時まったく想定されていなかったHD画質ビデオの扱いをどうすべきか、業界ヒアリングを行っている模様だ。【hon.jp】

問合せ先:Authors Allianceのブログ( http://www.authorsalliance.org/2015/05/29/recapping-the-1201-dmca-exemption-hearings/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: