『夜 は お し ま い』島本理生/講談社/10月23日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 深い闇の果てに光を掴もうとする女性たちの、闘いと解放。直木賞作家の真骨頂!

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

夜 は お し ま い

島本理生/講談社

内容紹介

夜 は お し ま い 島本さんの小説はいつも、自分は傷ついているのだと気づかせてくれる。 ――藤崎彩織

 性とお金と噓と愛に塗れたこの世界を、私たちは生きている。ミスコンで無遠慮に価値をつけられる私。お金のために愛人業をする私。夫とはセックスしたくない私。本当に愛する人とは結ばれない私――。

 秘密を抱える神父・金井のもとを訪れる四人の女性。

 逃げ道のない女という性を抉るように描く、島本理生の到達点。

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

 「純文学卒業宣言」から四年。傑作中の傑作、ついに刊行です!

 本書『夜 は お し ま い』は文芸誌「群像」に掲載された連作小説です。キリスト教の教えを下敷きに、女性という息苦しい性を生き抜く四人の闘いと解放が描かれています。第二話「サテライトの女たち」の展開はとりわけ衝撃につぐ衝撃! 「これは島本さんにしか書けない傑作中の傑作だ……」と原稿をいただいた瞬間、手が震えました。

 直木賞受賞作『ファーストラヴ』へのステップも見受けられる本作は、島本理生さんの真骨頂であり、到達点でもあります。 ぜひお読みください。

――担当編集者より

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784065171486
本体価格:¥1,400 (JPY)
ジャンル:文芸小説
刊行日:2019/10/23

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/174297

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 436 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
1000
タグ: / / /

関連コンテンツ