Apple社がiPhoneアプリ開発者規約を緩和、さっそくAdobe社がFlash変換ツールの開発を再開

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の9月9日、同社がiPhone/iPadアプリデベロッパーたちと交わしている開発者規約について発表を行ない、一部規制を緩和することを明らかにした。

 Apple社は、今年4月からiPhone/iPadアプリの開発作業にはApple社が指定した開発ツール・言語しか使えないとしていたが、その制限をおおむね取り除き、Flashなどサードパーティ製の開発ツール・言語も受け入れることにした模様。この発表を受け、Flash→iPhoneアプリ変換コンパイラの開発中止を余儀なくされていたAdobe社(同)はさっそくブログ上で開発再開を発表した。

 Adobe社は、今年4月にApple社が行なった規約改訂を実質的な“Flashデベロッパー外し”とみなし、Apple社と冷戦状態が続いていた。一転して規約を緩和した理由について、Apple社は「デベロッパーから寄せられた多くの要求を吟味した結果」としている。【hon.jp】n

問合せ先:米Adobe社による歓迎の声明( http://blogs.adobe.com/conversations/2010/09/great-news-for-developers.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /