米Amazon、1日限定でライバル店内でバーコードスキャンした雑貨を5ドル割引に、全米書店協会が激怒

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間の12月10日、同社の無料iOS・Android向けスマートフォンアプリを使い、ライバル店内で商品バーコードをスキャンしたら、それを5ドル引きで販売するという1日限定キャンペーンを米国内で実施した模様。

 記事によると、ユーザーが一般の小売店を散策中に商品裏のバーコードをスキャンすると、その店頭値の入力が促され、Amazon側で購入したらさらに5ドルの割引がされるという仕組み。今回実験対象となった商品は特定の生活雑貨のみ。書籍・雑誌などは除外された模様だが、さっそく本件について、米国の書店組合であるAmerican Booksellers Association(本部:米国ニューヨーク州)が会長名で抗議文を掲載している。

 なお、関係者によると、今回のAmazon側によるバーコード実験の目的について、ライバルチェーン店の店頭価格調査も兼ねている可能性が高いとのこと。【hon.jp】

問合せ先:米American Booksellers Association会長の公開抗議文( http://news.bookweb.org/news/aba-responds-amazon-app-promo

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: