米個人作家、5年間にわたるペーパーバック版vs.電子書籍版の販売比率の変化をグラフ化

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

【編集部記事】米国のマーケティング分野専門の個人作家Adrian Segar氏が、自著の5年間の販売データを使い、ペーパーバック版vs.電子書籍版の販売比率の変化を報告している。

 検証に使っているのは自著「Conferences That Work: Creating Events That People Love」のデータで、2009年からAmazon社等で両フォーマットで並行販売開始。同氏によると、2009年当時は80%を超えていたペーパーバック版の販売比率も現在は60%にまで下がっており、2年後には電子書籍版と50/50の比率になるだろうと予想している。【hon.jp】

問合せ先:Adrian Segar氏のブログ記事( http://www.conferencesthatwork.com/index.php/marketing-2/2015/08/paperback-versus-ebook-popularity-over-time/

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事