日本電子出版協会が「電子出版アワード2014」を発表、大賞はJTBパブリッシング「たびのたね」

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は12月18日、日本の電子出版の普及促進を目的とした「電子出版アワード2014」の受賞式を開催し、各部門賞を発表した。

 「電子出版アワード」は2007年に創設され、その年に電子出版に貢献したと思われる製品やサービスなどをジャンル別に表彰するもの。大賞は「たびのたね(JTBパブリッシング)」が獲得した。

 なお、各部門賞は下記のとおり:

デジタルインフラ賞●dマガジン(NTTドコモ)
スーパーコンテンツ賞●少年ジャンプ+(集英社)
エクセレントサービス賞●たびのたね(JTBパブリッシング)
チャレンジマインド賞●絶版マンガ図書館(Jコミ+赤松健)
エキサイティングツール賞●青空文庫POD(インプレスR&D)
選考員特別賞●BiB/i(松島智)、近代デジタルライブラリー(国立国会図書館)

情報開示:弊社代表取締役社長・落合早苗も選考委員として参加しております。

【hon.jp】

問合せ先:電子出版アワード2014発表ページ( http://info.jepa.or.jp/pr/award2014

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / / / /

関連コンテンツ