Amazon傘下のオーディオブック配信最大手Audible.com、個人作家への支払い率を大幅引き下げ

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米GigaOMサイトによると、Amazon傘下の米オーディオブック配信最大手Audible.com(本社:米国ニュージャージー州)が、個人作家向けオーディオブック制作プラットフォーム「Audiobook Creation Exchange (ACX)」の支払ロイヤリティ率を大幅に下げたとのこと。

 ACXは主に個人作家・中小出版社を対象にした新サービス。音声化権が未活用状態となっている作品について、オーディブック化の希望を登録すると、フリーのナレーターやスタジオなど制作メンバーを募集・検索でき、ファイル制作とAudible/Amazon/iTunes等への流通販売がまとめて行なえる。費用はAudible社と依頼者側(+制作チーム)間でのレベニューシェア制となっており、販売実績に応じて25%〜90%というレートが段階的に著者側に支払われていた。

 今回、同社は上記を25%もしくは40%に引き下げる変更を行ない、その理由として「制作品質を維持するため」としているという。【hon.jp】

問合せ先:GigaOMの記事( http://gigaom.com/2014/02/27/amazon-owned-audible-lowers-royalty-rates-on-self-published-audiobooks/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ