米Kaplan、KindleのWhispercast技術を使ったMBA志望者向け電子教科書シリーズを発表

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Jeff Bezos氏が所有する米Washington Post傘下の教育関連出版大手Kaplan社(本社:ニューヨーク州)は現地時間2月25日、KindleのWhispercast技術を使ったMBA志望者向け電子教科書を発表した。

 今回電子化されたのは「Kaplan GMAT」シリーズで、GMAT試験の受験対策コース。最大の特徴は、Kindleの通信バックエンド「Whispersync」の一部であるWhispercastを採用した点で、これにより学生はKindle端末・Android版Kindleアプリ・iOS版Kindleアプリなどハードウェアを問わず、メモや付箋が同期できるようになっている。

 Kaplan社ではGRE/LSAT/MCAT対策コースでも、同じ手法の電子教科書を提供する予定とのこと。【hon.jp】

問合せ先:Kaplan社のプレスリリース( http://www.digitalbookworld.com/2014/amazon-teams-up-with-kaplan-on-gmat-study-ebook/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ