台湾E Ink社、“リフレッシュ現象”をほぼ解消したモノクロ電子ペーパーパネル「E Ink Carta」を発表

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

【編集部記事】台湾E Ink Holdings社(本社:台湾・台北市、旧社名:Prime View International)は現地時間9月4日、同社のモノクロ電子ペーパーパネルの最新版「E Ink Carta」の生産開始を発表した。

 Cartaは現行のモノクロ型電子ペーパーの白黒コントラスト比を50%向上させ、E Ink Regal Waveform技術を使い、ページめくり時に発生する“リフレッシュ現象”をほぼ解消したとのこと。採用製品第1号は、Amazon社(本社:米国ワシントン州)が今月から発売する第2世代「Kindle Paperwhite」シリーズになるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:E Ink社の「Carta」概要ページ( http://www.eink.com/display_products_carta.html

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事