HON.jp News Blog

インプレスR&D、日本国内の電子書籍市場調査レポート「電子書籍ビジネス調査報告書2012」を発売

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区)は7月26日、日本国内の電子書籍市場の調査レポート「電子書籍ビジネス調査報告書2012」(著:落合早苗ほか、編:インターネットメディア総合研究所)を発売した。

 同レポートによると、日本国内の2011年度の電子書籍市場規模は、ガラケーユーザーの大幅減少の影響を受けトータルの市場規模は629億円と前年比-3.2%減となったものの、内訳を見ると、スマートフォンなど新種ハードウェア部門は前年比363%増の112億円へと急成長中。このハードウェア移行期が一段落するとの前提で、4年後の2016年には2011年度比約3.1倍の2,000億円程度になると予測している。

 なお、本調査報告書は、PDF版が60,900円、PDF+紙冊子版が71,400円の2形態で販売されている。

情報開示:著者の1人である落合早苗は、弊社hon.jpの代表取締役です。

【hon.jp】

問合せ先:「電子書籍ビジネス調査報告書2012」の販売ページ( http://r.impressrd.jp/iil/h_ebook2012

Exit mobile version