Macmillan系の出版社が電子書籍について“全作品DRMフリー”宣言、他社も追従を検討か

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のフィクション小説出版社Tom Doherty Associates(本社:米国ニューヨーク州)は今年夏から、販売する電子書籍作品すべてをDRMフリーにすることを発表した。

 同社は「Tor」「Forge」などのレーベルで出版活動を行なっており、ドイツの大手出版グループGeorg von Holtzbrinck(本社:独バーデンヴュルテンベルク州)の孫会社、今月からエージェンシー・モデル騒動でApple社と共闘中のMacmillan米国法人から見ると子会社にあたる。

 米国では、Amazon社による電子書籍市場の独占を食い止めるためにDRMフリー化を推奨する声もあり、まずは子会社からその実験を始めたかたちとなる。なお、他の大手出版グループでも、DRMフリー化を実施しようとする動きがあるという。【hon.jp】

問合せ先:Torの広報ブログ( http://www.tor.com/blogs/2012/04/torforge-e-book-titles-to-go-drm-free

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ