米Adobe、CS6使用権も付いて月額5,000円の「Adobe Creative Cloud」サービスを今春リリースへ

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国のITニュースサイト「eWEEK」によると、Adobe Systems社(本社:米国カリフォルニア州)は昨年10月に発表して既存ユーザーの多くを驚かせた低価格サービス「Adobe Creative Cloud」を、今春正式リリースする模様。

 Adobe Creative Cloudは、20GBのオンラインストレージと同社ソフト群を月額サブスクリプション形式で提供する新サービス。同社の主力商品「Adobe Photoshop」「Adobe InDesign」等の最新バージョン「CS6」、その他ソフト群などの使用権も付いて月額5,000円(税前・1年契約の場合、米国版は49.99ドル)というもの。

 アップグレード割引対象となる旧バージョンがCS5.xのみに制限されたり(注:最近、CS3まで対象にすると方針転換)、その低価格ぶりに20万円近いDVDパッケージ版を最近購入したユーザーからクレームの声が上がったりするなど、いろいろな意味で注目されているサービスだ。【hon.jp】

問合せ先:eWEEKの記事( http://www.eweek.com/c/a/Application-Development/Adobe-Creative-Cloud-to-Launch-This-Spring-566208/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ