HON.jp News Blog

紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携

紀伊國屋書店「KinoDen」

《この記事は約 3 分で読めます》

 株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。

 「KinoDen」は2018年1月にサービスを開始、現在、国内外の大学、研究機関、企業、公共図書館など、120以上の法人に導入されている。従来はウェブブラウザから検索・閲覧するサービスだった。

 「bREADER Cloud」アプリは、インフォシティが3月11日に提供を開始したクラウド型電子書籍リーダー。専用クラウドストレージに保存した電子書籍(EPUBおよびPDF)を、iOS / Android向けアプリとブラウザで閲覧できる。ユーザー登録を行うだけで、だれでも100GBのストレージと月間5GBの通信が無料で利用できる。マイ本棚内の本は、全文串刺し検索も可能。

ブラウザから(DRMフリーの)EPUBやPDFをマイ本棚に登録できる

 「KinoDen」のコンテンツは「bREADER Cloud」のマイ本棚へ簡単に登録でき、煩雑な手続きなく即座に閲覧が可能。電子図書館のコンテンツに限り、ストレージ容量や月間通信量を消費せずに利用できる。

 「bREADER Cloud」のビューアは、高速・軽快なページ送りや、ページのサムネイル表示、無段階文字拡大、色味変更、スライド・スクロール・ブックといったページ送り方法の選択や、縦書き横書きの切り替えなどが可能になっている。

ページのサムネイル表示

 また、文字だけでなく画像にも追記可能なマーク機能もあり、同じアカウントでログインすることによりマルチデバイスで再現できる。

 こういった機能は、同じくインフォシティが紀伊國屋書店ウェブストア向けに提供しているアプリ「Kinoppy」とほぼ同等と思われる。DRMフリーのEPUBやPDFのビューアとして、良い選択肢の1つとなるだろう。

ページめくり方法や縦書き横書きの切り替えメニュー

参考リンク

bREADER Cloud公式サイト
https://breader.cloud/
KinoDenのプレスリリース(共同PR)

プレスリリース配信サービスの共同通信PRワイヤー。共同通信グループの信頼性と、メディア視点の充実したサービスで、約7割のプレスリリースがメディアに取り上げられています。新製品・新サービス、企業・団体の最新情報などがチェックできます。
ログイン | プレスリリース配信サービスの【共同通信PRワイヤー】 - kyodonewsprwire.jp
Exit mobile version