レッドスター、価格2万円を切る日本語に対応した電子書籍端末「E-FON」を10月発売

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

【編集部記事】デジタル家電商品企画の株式会社レッドスター(本社:東京都千代田区)は、日本語に対応した電子書籍端末「E-FON(イーホン)」を10月に発売する。

 E-FONは6インチ型のE-Ink製電子ペーパーディスプレイを採用した電子書籍端末で、製品供給元は香港のYifan Technology社。LinuxをOSとして搭載し、PDF/ePub/TXT/HTML形式の電子書籍が閲覧できる。ネットワーク機能はないため、電子書籍ファイルの転送はUSBケーブル経由で行なう形式となっている。価格は19,800円(税・送料込み)。

 レッドスター社ではすでに予約ページを開設しており、初期不良対応とメーカー1年保証付きとなっている。【hon.jp】n

問合せ先:E-FON製品サイト( http://www.redstar.co.jp/efon.htm )

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事