米Apple社がiPhone開発者向け規約を改訂、“Flash外し”をさらに強化へ

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の8日、次期iPhone/iPad向けOS「iPhone OS 4」発表に伴い、アプリ開発者向けのSDK利用規約を改訂した。

 新規約ではいくつかの点で細かい変更がみられるが、とくに注目されるのが純正APIに関する使用制限条項で、今回からはC/C++/Objective-C以外のプログラミング言語コードからのアクセスを禁じ、さらにこの3言語であっても中間翻訳されたコードからのアクセスも禁じている。

 実は、Adobe社ではFlashでiPhoneアプリを開発したいデベロッパーのために、FlashコードをiPhone向けに中間翻訳コード出力する機能を備えた「Adobe Flash Professional CS5」を来週に正式発表する予定となっていた。今回のApple側の規約改訂は、それを阻止するための策であるとみられている。【hon.jp】n

問合せ先:Apple社のiPhone Dev Centerサイト( http://developer.apple.com/iphone/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ