東京地裁、YouTubeの違法マンガネタバレ投稿者の発信者情報開示を命じる仮処分を決定

裁判所
Photo by はむぱんさん(写真AC)

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

 東京地方裁判所は11月27日、『闇金ウシジマくん』(真鍋昌平/小学館)の画像や文字情報を投稿する行為が著作権侵害にあたるとし、米YouTube社に対し投稿者の発信者情報開示を命じる仮処分を決定した。株式会社小学館 広報室が明らかにした。

 今回の決定は、小学館が東京地裁に対し10月4日に行った「発信者情報開示仮処分命令申立」手続きによるもの。債権者は真鍋昌平氏、保全すべき権利は「著作権に基づく発信者情報開示請求権」、債務者はYouTube社。

 YouTubeをはじめとする動画投稿サイトでは、マンガをページ送りで動画に仕立てたり、吹き出し内のセリフを中心にストーリーを文字情報で紹介する、詳細な「ネタバレ」投稿が大量に行われている。今回の東京地裁による決定は、マンガの画像だけでなく、吹き出しの文字だけを抜き出し投稿した事例も違法と判断している。

 小学館は今後、開示された情報を元に発信者を突き止め、民事、刑事両面から投稿者の責任追及を行っていくとしている。

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 193 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

電子専門出版社の成功事例 ~ 返本ゼロと絶版復刻  本稿は「出版ニュース」2019年3月上旬号へ寄稿した原稿の転載です。以下、縦書き原稿を横書きに変換してあるのと、リンクを張ったり改行を少し増やしたりしてありますが、文体は掲載時のまま(常体)です。  最終回は、明るい話題で締めくくりたい。[注:出版ニュースは3月下旬号にて休刊、筆者の連載はこ...
米ヴィズ・メディアが現地のマンガ系グラフィック・ノベルの新インプリント設立  小学館と集英社がアメリカのサンフランシスコで立ち上げたマンガ出版社ヴィズ・メディア(Viz Media)が、日本のマンガやアニメに影響を受けたアーティストらによるオリジナルのグラフィック・ノベルを刊行するインプリント「ヴィズ・オリジナル(Viz Originals)」を創設すると業界誌パブリッシャ...
カナダの“海賊党”が著作権まるで無視のフリーEブックサイトを再オープン  2013年にいったん“離党”したカナダの海賊党のリーダーが、Ebook.bikeというサイトを立ち上げ、北米を中心に著者の気持ちを逆なでしている。  海賊党のトラヴィス・マクレエのような活動家は世界中におり、もちろんその中にはインターネット上の情報の透明性、プライバシー、言論の自由、反腐敗を...
三田誠広×赤松健×大塚大×福井健策×瀬尾太一シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」3月20日開催(オーファンワークス実証事業実行委員会)...  日本文藝家協会や日本漫画家協会など9つの権利者団体で構成されるオーファンワークス実証事業実行委員会は3月20日、オーファンワークス(孤児著作物)実証事業の報告シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」を開催する。パネルディスカッションの登壇者は、小説家・三田誠広氏、マンガ家...
出版広報センター、ダウンロード違法化の対象範囲拡大方針に対し「ネットユーザーやクリエイターの表現行為を萎縮させるようなことがあってはなりません」という見解を発表...  出版広報センターは2月21日、現在法改正が検討されているダウンロード違法化の対象範囲見直しについて、「ネットユーザーやクリエイターの表現行為を萎縮させるようなことがあってはなりません」という見解を示した。これでクリエイターや知財の法学者・研究者のみならず、出版業界からも、文化庁の方針に「待った」が...