第20回図書館総合展が開催 ~ 展示会場フォトレポート

第20回図書館総合展

[この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。]

 図書館総合展運営委員会は10月30日から11月1日まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で「第20回図書館総合展」を開催している。企画・運営は株式会社カルチャー・ジャパン(JCC)。本稿では展示会の様子を電子図書館関係を中心に写真でレポートする。

Maruzen eBook Library
丸善雄松堂の電子図書館サービス「Maruzen eBook Library」は、2018年10月末時点で全国国公立や私立大学などを中心に686機関へ導入。240社超の出版社から約6万点の書籍・学術雑誌が提供されている。2018年7月からスマホ対応(リフローEPUBのみ)や読み上げ等のアクセシビリティ対応が行われた。文庫・新書はサブスクリプションパッケージも提供開始されている。

「JDLS LibrariE」と「TRC-DL」
TRCのブースには電子図書館サービス「JDLS LibrariE」と「TRC-DL」が展示されていた。スイス・ビブリオテカ社と提携し、2019年度から洋書タイトル150万超の配信準備を進めている。
メディアドゥ/OverDrive,inc./フライヤーのブース。電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」などを展示。
BookLooper
京セラコミュニケーションシステムの「BookLooper」は最近、企業向けの導入事例が非常に増えてきたそうだ。
Open Book Camera
カーリルでは本の表紙・裏表紙・背表紙を簡単にデータ化できる「Open Book Camera v1」が展示されていた。
インフォコムの「InfoLibCloudサービス」
インフォコムの「InfoLibCloudサービス」は、デジタルアーカイブのシステム。Excelなどの目録情報と画像や動画を簡単に取り込める。
JDLS LibrariE
電子図書館サービス「JDLS LibrariE」は、KADOKAWAのブースにも展示されていた。
国立情報学研究所
国立情報学研究所のブース。
本と人とをつなぐ「そらまめの会」
NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」のブックカフェプロジェクト
官報情報検索サービス
国立印刷局の官報情報検索サービス。
猫ピッチャー
読売新聞「ヨミダス歴史館」と猫ピッチャー
れはっち
国立国会図書館 レファレンス協同データベースのイメージキャラクターれはっち(職員の手作りだそうです)

参考リンク

図書館総合展公式サイト
https://www.libraryfair.jp/

渡辺由佳里×藤井太洋

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。
About 鷹野凌 111 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)