歴代ブッカー賞、金賞はM・オンダーチェ『イギリス人の患者』

 1969年より半世紀続くイギリスのブッカー賞を祝う席で歴代の受賞書の中から「ベストの1冊」としてマイケル・オンダーチェの『イギリス人の患者』が選ばれた。これは一般から投票を募ったもので、『イギリス人の患者』は1992年にブッカー賞を受賞、1996年に映画化され、9部門でアカデミー賞を獲得した作品。オンライン投票で50年を10年一区切りで選ばれた5冊の中から最多票を集計、約9000人が投票した。

 オンダーチェは会場で今は亡き映画監督のアンソニー・ミンゲラに哀悼を表し、自分の本が選ばれることになるとは「一瞬たりとも」思わなかったと言い、「映画化が効いたのでは」と語った。

 『イギリス人の患者』(映画タイトルは「イングリッシュ・ペイシャント」)は第二次世界大戦中の北アフリカを舞台に、実はスパイであるハンガリー人の考古学者とイギリス人の人妻との恋愛小説でもあり、イタリアで出会うカナダ人の従軍看護師やインド人の爆弾処理兵、さらにはドイツ軍に指を切られ、その復讐に燃える軍人など多彩なキャラクターが織りなす群像劇でもある。

 ブッカー賞の審査員のひとりである小説家のカミラ・シャムシーは作品を評して「世界のあちこちで国境問題が起こり、移民や“他人”を懸念する空気が生まれる中、また違った響きを持つに至ったのでは」とあいさつした。

参考リンク

AP通信
https://www.apnews.com/ac386b173031420498e01edacfc7ddbe/’The-English-Patient’-voted-best-Man-Booker-Prize-winner
マン・ブッカー50周年
https://themanbookerprize.com/news/golden-man-booker

藤井太洋の頭の中
About 大原ケイ 68 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。