HON.jp News Blog

米国の中堅書店・雑貨チェーン「Family Christian」が再建断念、全240店舗の閉鎖を決定

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、2年前から経営再建を目指してきた米国のキリスト教系書店・雑貨チェーン「Family Christian」(本社:米国ミシガン州)が先月末、再建を断念し、全240店舗の閉店セールを開始した模様。

 同チェーンは1932年創業の老舗で、その前年に聖書出版社Zondervan(現在はHarperCollins傘下)を起ち上げたZondervan兄弟が創業。しかし、2015年に連邦倒産法の適用を申請し、非営利法人として経営再建を模索してきたが、売上の回復に失敗。今回の決定により、夏までに全店舗が閉店・従業員3,000名は全員解雇される予定で、各店舗ではさっそく閉店セールが開始されたとのこと。【hon.jp】

問合せ先:地元テレビ局の報道( http://woodtv.com/2017/02/23/family-christian-closing-all-stores-including-7-in-w-mi/

モバイルバージョンを終了