「紙は単なる出力フォーマットの1つ」有名科学誌「MIT Technology Review」が電子出版優先に方針転換

【編集部記事】世界中に多くのギーク読者を持つ米国の有名科学雑誌「MIT Technology Review」は今月から、Webなど電子コンテンツを主軸に編集方針を転換したことを発表した。

 同誌はマサチューセッツ工科大学(MIT)の出版局が発行する一般向け月刊科学情報誌で、米国のIT技術者の間では「Wired」誌などと並ぶほどの人気雑誌。今回の編集方針により、同誌では書店・スタンド等で販売される紙雑誌版は単なるフォーマットの1つと見なし、Web版を主軸として記事編集する体制になったとのこと。

 Web版は従来どおり全記事が無料で閲覧可能で、紙雑誌版や電子雑誌版と内容面で差異はまったくないとのこと。【hon.jp】

問合せ先:MIT Technology Reviewのブログ発表( http://www.technologyreview.com/view/428072/technology-review-goes-digital-first/