NTTドコモ、3G通信対応のシャープ製のカラー電子書籍端末「ブックリーダー SH-07C」を年末発売へ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、以後NTTドコモ)は11月8日、同社の新製品発表会において、3G通信対応の電子書籍端末「ブックリーダー SH-07C」を発表した。

 このSH-07Cは、シャープ製の電子書籍端末で、5.5型タッチ式液晶ディスプレイとAndroid OSを採用。WiFiに加えてNTTドコモの3Gデータ回線によるネットワーク通信にも対応しているため、移動先でも自由に電子書籍の購入・閲覧が可能。NTTドコモと大日本印刷が構築中の電子書籍販売サービスを提供する。

 なお、このSH-07Cは外見的にはスマートフォンだが、あくまでも電子書籍専用端末であるため、ドコモのiモードメール(SPモード)やサードパーティ製Androidアプリは利用できない模様。年末の発売予定だが、価格等の一部詳細スペックはまだ明らかにされていない。【hon.jp】n

問合せ先:NTTドコモのプレスリリース( http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2010/11/08_00_8.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /